中年以降に多い病気|肥満外来で簡単ダイエット|憧れの体型になれる

肥満外来で簡単ダイエット|憧れの体型になれる

医者

中年以降に多い病気

病棟

リウマチとは何らかの理由から免疫異常が起こり、関節に炎症や痛み、次第に関節の変形などが起こる病気です。なぜ免疫に異常が起こるのかははっきりとはわかっておらず、遺伝やウイルスに感染することがきっかけだと考えられています。日本には約560万人を超えるリウマチ患者がおり、世田谷区には約4万人位いると推察されます。男女比では圧倒的に女性の割合が高く1:4となっています。年代は30〜50代での発症が殆どですが、60代以降で発症する方もおり、まれに10代での発症もあります。世田谷区では近年リウマチ専門の病院や外来を設ける病院も増えてきており、患者も受診する科に迷うことなく早めに治療を受けられるようになっています。

リウマチの診断には痛みや腫れの症状やその期間、血液検査などが目安になります。リウマチ患者がどのような経過をたどるのかは個人差があり、3割の方は1、2年で寛解し、6割の方が症状が良い時や悪い時を繰り返しながら変形が進み、残りの1割は急速に病状が進むと考えられています。治療には痛みを抑える薬や免疫異常を抑えるための抗リウマチ剤を使いますが、効果が限定的な場合には生物学的製剤などのより抑制力の強い薬を使います。また、薬での治療で効果が薄い場合には外科手術で滑膜切除や人工関節置換術などを行います。世田谷区にはリウマチの外科手術を行う病院も多数ありますし、人工関節置換術などに特化した病院もありますので、世田谷区でリウマチ手術を希望される方は問い合わせすることをお勧めします。