免疫力を高めてがんに勝つ|肥満外来で簡単ダイエット|憧れの体型になれる

肥満外来で簡単ダイエット|憧れの体型になれる

医者

免疫力を高めてがんに勝つ

医者

ガン細胞と抗体の働き

免疫療法とは、体内の免疫細胞を活性化させ、がん細胞などの身体に害をもたらす物質を排除するように人為的に働きかける治療法のことです。人間の身体の中では絶えることなくがん細胞が生まれていますが、同時にそれに対する抗体も働いており、がん細胞を排除する力のほうが勝っている間はがんになることは極めて稀です。逆に、がん細胞を排除する力ががん細胞の増殖に負けてしまうとがんを発症します。さらに、一度発症するとがんの増えるスピードに免疫細胞が追いつけなくなってしまうという問題があります。そこで冒頭で説明した免疫療法が役に立ってきます。がん細胞と免疫細胞のバランスを人為的に正常な状態へ戻すことでがんを克服することができるのです。

他の治療法と比較した利点

従来の主ながん治療として「手術療法」「放射線療法」「化学療法」が挙げられますが、これらは副作用が強いという大きなデメリットを持っていました。また、放射線や抗がん剤ががん細胞だけではなく白血球などの免疫細胞まで失わせてしまうことも、現在では問題視されています。そこで注目され始めたのが免疫療法です。免疫療法は副作用がほとんどなく、前述した3つの治療法と比べて安全と言えます。また、手術ができない場合や投薬、放射線治療などでの治療が難しい場合でも、がんを治すことができる可能性があります。さらに他の治療法との併用が可能であり、その場合抗がん剤の副作用を減らすことも可能なのです。今まで免疫療法があまり行われていなかったのは効果が薄かったためですが、免疫力の研究が進んだことにより、近年ではがんに対する4つ目の治療法として確立されています。