聴神経で発生する脳腫瘍|肥満外来で簡単ダイエット|憧れの体型になれる

肥満外来で簡単ダイエット|憧れの体型になれる

医者

聴神経で発生する脳腫瘍

カウンセリング

良性だが放置は禁物

聴神経腫瘍とは脳腫瘍の一種であり、聴神経を取り巻いているシュワン細胞から発生する腫瘍のことです。但し、良性の腫瘍ですので、がんというわけではないのです。しかし、良性の腫瘍であっても脳腫瘍の場合は問題があります。聴神経腫瘍を放置してしまうと、大きくなって脳を圧迫することとなり、歩行障害や意識障害等が発生し、命に関わることもあります。もっとも、良性の腫瘍であるため、急激に成長することはありませんから、すぐに重い症状が現れるというわけではないのです。とは言っても、できる限り早い段階で治療を受けることが良いのは、当然のことです。聴神経腫瘍の代表的な初期症状は、聴力の低下です。聴神経腫瘍は一般的に片側のみで発症しますので、どちらかの耳が聞こえにくいと感じたら、聴神経腫瘍を疑うべきです。

聴力の低下に細心の注意

ただ、聴力は徐々に低下します。また、通常は片耳だけで聞くことはありませんから、聴力の低下というのは気づきにくいものなのです。この場合、電話で聴力のテストをするのが有効です。どちらかの耳にしか電話をあてないという人もいますが、時に、もう片方の耳にもあててみることで、聴力の低下を認識できます。治療は基本的に手術であり、手術で腫瘍を全部摘出してしまえば、治癒できます。但し、腫瘍が大きくなると全部摘出するのが難しくなります。そして、手術自体も難しいものとなり、顔面神経を傷つけてしまう可能性が高くなります。もし、顔面神経が傷ついてしまうと、顔面神経麻痺という後遺症が残ってしまいます。従って、いち早く聴力の低下に気づき、治療を受けることが大事となります。